袴田巖さん・石川一雄さん・北川好伸さんは無実だ!
  • 11月4日(日) 午後2時~ * 会場カンパ
  • クリエート浜松 53会議室 (TEL 053-453-5311)
  • 講演:「虚偽自白を読み解く

― 冤罪を断つために ― 」

講師:浜田 寿美男(奈良女子大名誉教授)

◎アピール:袴田巖、袴田ひで子、石川一雄、北川好伸

 

□主催:浜松 袴田巖さんを救う市民の会

連絡先:浜松市中区佐藤1-43-1-608  090-9261-4840

□協力:北川好伸さんを支える会/部落解放同盟静岡県連/NPO法人トータルケアセンター/ 人権平和・浜松/キッチンガーデン袴田さん支援クラブ/日本山妙法寺(市川隆子)

 

袴田巖さんを拘置所に連れ戻すな

4年前静岡地裁は、袴田巖さんの再審開始を決定し「耐え難いほど正義に反する」として、身柄をその日の夕方釈放しました。しかし、この決定に検察が不服を申し立て、それを受けた東京高裁大嶋裁判長は、「再審開始決定を取り消す」という決定をくだしました。ところが、身柄については「袴田の現在の年齢や生活状況、健康状態等に照らすと、再審開始決定を取り消したことにより逃走のおそれが高まるなどして刑の執行が困難になるような現実的危険性は乏しいものと判断され」、「再審請求棄却決定が確定する前に刑の執行の裁判を取り消すのが相当であるとはいい難い。」と責任逃れの決定を行っています。

こうした高裁決定を受け、弁護団は最高裁に特別抗告を申し立てました。この申立に対し最高検は、「捜査機関によってねつ造された可能性をいう弁護人の所論は、現時点でも、特に根拠のない想像的、抽象的可能性の域にとどまっている」とし、「強盗殺人・放火等の重大な事件である事等からすれば、袴田巖の生活状況や心身の状況を考慮しても、拘置の必要性は高いというべきである」と、責任逃れの高裁決定に追い討ちをかけるが如き、袴田さんをあくまでも死刑台に送り込もうとする露骨な姿勢を露わにしています。

上川法務大臣によって「100年前(大逆事件当時)に戻った」と言われる、オウム真理教幹部合計13人の死刑執行がありました。このことは国家として再審請求中であれ、精神疾患を抱えていようが、死刑執行は断行するということに他なりません。

袴田さんの再収監をさせないため、 「司法の正義」をかなぐり捨てた、司法権力の無法、横暴を撥ね返さなければなりません。