free-iwao | 袴田さん支援クラブ

袴田さん支援クラブ

袴田巖さんに再審無罪を!

Author: free-iwao (page 1 of 14)

袴田チャンネルに追加 『死刑という重荷』石塚伸一龍谷大学教授

石塚伸一龍谷大学教授の講演『死刑という重荷』、袴田チャンネルにアップ

11/19 講演「袴田さん救援、42年の歴史」を袴田チャンネルにアップ

11/19 第60回袴田事件がわかる会での講演

11/19㈯第60回袴田事件がわかる会 袴田巖さん救援、42年の歴史

第60回袴田事件がわかる会

2022119日(土)  午後1時30分~4時  

浜松復興記念館 2階 (浜松市中区利町304-2・五社神社東)  入場無料、お気軽にお越しください。

ゲスト 袴田ひで子さん(袴田巖さんの姉)

講 師 山崎俊樹 さん(袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会事務局長)

1980年死刑確定、その時最高裁の中庭から始まった
袴田巖さん救援、42年の歴史

袴田巖さんへの警察・検察、そして裁判所の攻撃は杜撰ではあったが凄まじく、ろくな証拠もないまま死刑宣告に至った。それに対して、死刑えん罪被害者・巌さんへの救援運動が燃え広がった。

1980年11月19日、最高裁で死刑判決が下された時、最高裁の中庭で、<無実のプロボクサー袴田巌を救う会>が結成された。『袴田事件・冤罪の構造』の著者、高杉晋吾氏を代表としてボクシング評論家郡司信夫氏、協栄ボクシングジムの金平正紀会長等、ボクシング関係者らが参加。そして1981年11月13日、日弁連は袴田巖さんをバックアップすることを決定、袴田事件委員会を設置して再審無罪のための弁護活動を強化した。1982年2月には<清水市こがねみそ事件袴田巌救援会>発足、代表は今村高五郎氏。続いて<浜松・浜北、無実の死刑囚袴田巌さんを救う会>が巌さんの幼馴染みの渥美邦夫氏を代表として発足した。さらに1992年10月、全日本ボクシング協会に<袴田巌、再審支援委員会>発足、笹崎吉弘氏が委員長就任。これを受け継ぎ、2006年5月には東日本ボクシング協会が会長輪島功一氏を委員長、理事新田渉世氏を実行委員長とする<袴田巌再審支援委員会>を設立した。2010年4月、国会議員57名が結集して<袴田巖死刑囚救援議員連盟>発足、会長には牧野聖修衆院議員が立った。

このような布陣に国民救援会やアムネスティ・インタナショナル、キリスト教の団体などが加わり、法学者や一般の個人も仲間入り、なお一層戦列が強化された。支援者は弁護団とともに「裏木戸通り抜け実験」や「衣類の味噌漬け実験」など、再審開始に向けた裁判での立証活動、世論喚起のためのキャンペーン、検察庁や裁判所への抗議・要請活動などを展開。私ども<袴田さん支援クラブ>は2020年、クラウドファンディングを企画・実行。1600人以上の賛同者から1800万円を超える寄付金を集めて弁護活動に投入した。このような救援活動の歴史を総括、山崎俊樹さんにレポートしていただく。

主催:浜田さん支援クラブ

10/15 秦融氏講演を袴田チャンネルにアップ

10/15 秦融氏講演を袴田チャンネルにアップ。

『冤罪(えんざい)をほどく ~なぜ無実の看護助手は逮捕されたのか~』

私は殺ろしていません ー無実の訴え12年 滋賀・呼吸器事件ー

10/15(土) 秦融氏 講演会「冤罪をほどく、“供述弱者とは誰か」

10/15(土) 秦融氏 講演会「冤罪をほどく、“供述弱者とは誰か」

20221015日(土)  午後1時30分~4時  

浜松復興記念館 2階 (浜松市中区利町304-2・五社神社東)  入場無料、お気軽にお越しください。

ゲスト  袴田ひで子さん(袴田巖さんの姉)

講 演  秦 融 さん  (ジャーナリスト Forbesオフィシャルコラムニスト)

1961年愛知県生まれ。84年筑波大卒、中日新聞入社。社会部デスク、カイロ支局長を経て、2013年3月から編集委員。2021年12月退社。2009年、連載「農は国の本なり」で農業ジャーナリスト賞。編集を担った大型コラム「ニュースを問う」欄では、呼吸器事件を調査報道し、連載「西山美香さんの手紙」で19年早稲田ジャーナリズム大賞(草の根民主主義部門)、20年日本医学ジャーナリスト協会賞大賞。南海トラフ80%の内幕で、同年科学ジャーナリスト賞を受賞。近著「冤罪をほどく ”供述弱者”とは誰か」(風媒社)が講談社の『本田靖春ノンフィクション賞』を受賞。

精神に障害のある人が冤罪の被害者にされてしまうケースは数多い。2003年、滋賀県で起きた湖東記念病院呼吸器事件はその代表例。植物状態の72歳男性が死亡した際、人工呼吸器のチューブを抜いて殺害したとして、看護助手の西山美香さんが殺人罪で逮捕・起訴された。懲役12年の判決が確定して服役。有罪の決め手は被疑者の「自白」のみだった。「私は殺していません」という悲痛の叫びは、ついに再審へと結実。2020年春に再審無罪を勝ち取った。この事件を中日新聞が特集記事に。その中心で活躍したのが秦融氏だ。著書「冤罪をほどく ”供述弱者”とは誰か」(2021年12月発刊)では、捜査当局がどのように精神的な弱みを利用して罪を着せたのか、その詳細が明らかにされた。 今回、一連の取材を通じて考えたこと、えん罪が成り立つ司法の病弊などを抉り出していただく。

10/15(土)第59回袴田事件がわかる会   主催:袴田さん支援クラブ

10代のための裁判員入門、袴田チャンネルにアップ

9/20  袴田事件がわかる会特別企画『10代のための裁判員入門』

動画を袴田チャンネルにアップしました。第1部と第2部があります。

8/5 三者協議で証人尋問、記者会見で公開

8/5 三者協議・弁護側推薦の法医学者が証言。

8/1 三者協議で証人尋問、記者会見で公開

8/1 三者協議で証人尋問、記者会見で公開

検察推薦の法医学者2名が証言。

7/22 三者協議で証人尋問、記者会見で公開

弁護人推薦の法医学者、専門家が証言。

みそ漬けになった血痕は時間とともに赤みを減失していく。

酸度を発酵中の味噌と同様にした溶液での実験、塩分濃度を発酵中の味噌と同様にした溶液での実験。

その実験を通じて血液(血痕)から赤みが減失していくことの確認とその科学的機序が解明された。

証人の科学的解明に対して検察からの反論、質問はなし。

 

8/20㈯ 『10代のための裁判員入門』夏休みの特別体験学習会

18才から成人、裁判員に選ばれることがあります。

裁判員裁判の基本と心構えを学ぶ

第56回袴田事件がわかる会・特別企画

『10代のための裁判員入門』

18才で裁判員に選ばれて、判決を下す?
凶悪事件で死刑判決を出すことも?
呼び出されたらどうすれば?

法律の勉強をしないといけない?
そもそも「裁く」ってどういうこと?
法廷ではどこに注目すれば?
裁判の「3つの呪い」って何?
無実なのに有罪にされる「えん罪」って?

選ばれなくても知るべき「社会の基本」!
自由研究や志望理由書のネタにも!?

もちろん、20代以上の方にも!

日時:8月20日㈯ 午後1時30分~3時30分

会場:浜松復興記念館 2階

ゲストに袴田ひで子さん

主催:袴田さん支援クラブ
Older posts