お知らせ | 袴田さん支援クラブ

袴田さん支援クラブ

袴田巖さんに再審無罪を!

お知らせ (page 1 of 3)

お出かけください 第22回袴田事件がわかる会

第22回袴田事件がわかる会

■日時:6月15日(土)1:30~4:00
■会場:浜松市復興記念館(浜松市中区利町304-2)
■ゲスト
●袴田ひで子さん
袴田事件といえば、姉ひで子さん!無実の弟を救うために全国を訴え歩いて半世紀余。
その凛と立ち、常に前向きな姿に、ファンが多いひで子さんです。
●山崎俊樹さん(静岡清水袴田救援会 事務局長)
袴田事件の支援者といえば、この人。テレビや新聞に登場しています。袴田袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会の事務局長を長年務めてきた山崎俊樹さんです。弁護団曰く、「ここまで袴田事件の裁判を進めてこられたのは、支援者のおかげ」。そうまで評価されている支援者の弁護活動への協力とは?「裏木戸実験」「味噌漬け実験」「DNA型鑑定への協力」など、裁判の行方を決定づけてきました。それらの実験などによって、検察の証拠の偽装やねつ造を暴き出したのです。
その中心で活躍してきたのが、山崎俊樹さん。当会での講演は2回目、アンコールに応えて再登板。今回は、死刑囚として東京拘置所に収監されていたころの巖さんの様子を中心に語っていただきます。

■主催 : キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ
■連絡先  Email: info@free-iwao.com    ☎   090-2342-2309

5月18日(土) 第21回袴田事件がわかる会

第21回袴田事件がわかる会

日時 : 5月18日(土)  1:30~4:00

会場 :   浜松市復興記念館  (浜松市中区利町304-2 )

ゲスト

袴田ひで子 さん

袴田事件といえば、姉ひで子さん!無実の弟を救うために全国を訴え歩いて半世紀余。

その凛と立ち、常に前向きな姿に、ファンが多いひで子さんです。

門間幸枝さん 無実の死刑囚・袴田巖さんを救う会副代表、門間ゴスペルファミリー主宰)

無実の死刑囚・袴田巖さんを救う会は、1980年11月19日、最高裁で袴田巖さんの上告が棄却され死刑が確定した日、義憤にかられ た著名人達が直ちに最高裁の庭で結成したという会を継承したもので、袴田巖さんを支援する会の草分けです。その活動は多岐に渡り、ジュネーブの国連人権小委員会やIFOR(国際友和会)、イタリアの聖エジディオ共同体など、海外の団体への働きかけも行う一方で、昨年6月高裁の再審開始決定が棄却されてからは、女性会員たちが毎月高裁前で抗議の座り込みを続け、クリスチャンの門間幸枝さんはローマに渡り、袴田さんの支援を訴えるなど精力的な活動をしています。

毎月開催、入場無料、申込不要、直接会場にお来しください

主催 : キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ

連絡先  Email: info@kitchengarden.org     ☎   090-2342-2309

4/20 第20回袴田事件がわかる会

お出かけ下さい、4月20日 第20回袴田事件がわかる会

日時:4月20日(土)  1:30~4:00

会場:浜松市復興記念館  (浜松市中区利町304-2)

ゲスト:袴田秀子さん

袴田事件といえば、姉ひで子さん!

無実の弟を救うために全国を訴え歩いて半世紀余。

その凛と立ち、常に前向きな姿に、ファンが多いひで子さんです。

小川秀世さん

日弁連袴田事件弁護団 事務局長

最高裁へと持ち越された再審請求審。争点の中心、五点の衣類が捜査当局のねつ造品でしかないことを鋭く指摘してきた弁護団の論客として再先頭に立つ方が、小川先生です。

毎月開催 ・ 入場無料 ・ 申し込みは不要です。

直接、会場にお来しください。  浜松駅から徒歩5分です

主催:キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ   http//free-iwao.com

連絡先  Email: info@kitchengarden.org     ☎   090-2342-2309

2018年ブログ集『いっしょにご飯が食べたくて』が出来上がりました

この度、2018年度のブログ集『いっしょにご飯が食べたくて』を作成致しました。袴田家の日常に寄り添い、家族のようになっている筆者。50年以上闘い続ける気丈な85歳の姉が82歳の精神を病んだ冤罪被害者の弟を守り慈しむ人生の記録でもあります。
袴田事件について、あるいは裁判の状況については、書籍や映像、ネット上の記事などで論陣が張られています。が、巖さんと姉の秀子さんの暮らしぶりや正義を希求する姿は知られざるところです。そこあるドラマの数々を、ユーモアたっぷりに紹介しています。

希望者には、印刷製本実費の千五百円(送料は別途五百円)でお送りします。本ホームページの【お問い合わせ】からご注文してください。

お出かけ下さい、3月16日 第19回袴田事件がわかる会

お出かけ下さい、3月16日 第19回袴田事件がわかる会

日時:3月16日(土)  1:30~4:00

会場:浜松市復興記念館  (浜松市中区利町304-2)

ゲスト:袴田秀子さん

袴田事件といえば、姉ひで子さん!

無実の弟を救うために全国を訴え歩いて半世紀余。

その凛と立ち、常に前向きな姿に、ファンが多いひで子さんです。

新田渉世さん

新田さんは、元東洋太平洋バンタム級チャンピオン。

現在日本プロボクシング協会理事、事務局長、  川崎新田ボクシングジム会長です。新田さんは獄中の巖さんとの面会も果たしており、当時の巖さんを知る数少ない方で、その貴重なお話も伺います。東京から駆けつけてくださいます。

毎月開催 ・ 入場無料 ・ 申し込みは不要です。

直接、会場にお来しください。  浜松駅から徒歩5分です

主催:キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ   http//free-iwao.com

連絡先  Email: info@kitchengarden.org     ☎   090-2342-2309

 

12月22日(土) 第16回袴田事件がわかる会

お出かけください

第16回袴田事件がわかる会

日程 : 12月22(土)  1304:00

会場 :   浜松市復興記念館  浜松市中区利町304-2

ゲスト : 袴田 ひで さん

袴田事件といえば、姉ひで子さん!

無実の弟を救うために全国を訴え歩いて半世紀余。

その凛と立ち、常に前向きな姿に、ファンが多いひで子さんです。

      笠井千晶さん (ジャーナリスト)

テレビ報道記者勤務を経て独立後、撮影・編集までを手がけるテレ

ビ・映画のドキュメンタリーを制作。

長期に渡って取材を続ける袴田事件では、2014年、袴田巖さん

の釈放時に姉秀子さんに同行。

釈放直後、ホテル内での様子をも映像に記録、報道する。

NNNドキュメント「我、生還す -神となった死刑囚・袴田巖

の52年-」制作、今年10月に全国放送となった。

2018年 第5回 山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞

(映画「Life 生きてゆく」)はじめ受賞作品多数。

 

毎月開催 ・ 入場無料 ・ 申し込みは不要です。
直接、会場にお来しください。 浜松駅から徒歩5分です。

主催:キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ

連絡先  Email: info@kitchengarden.org     ☎   090-2342-2309

10月28日第14回袴田事件がわかる会

第14回袴田事件がわかる会が開催されます。

日時 :10月28日(日)  午後1時半~4時

会場 : クリエイト浜松 53会議室 (浜松市中区早馬町2番地の1)

ゲスト : 袴田 ひで子 さん
加藤 英典 弁護士  (袴田事件弁護団所属)
特別ゲスト 古川 龍樹 氏 (福岡事件支援者、生命山シュバイツァー寺住職)

ひで子さんが語るシリーズ 3 <巖のこと、裁判のこと、自分のこと>

袴田事件といえば、姉ひで子さん!その凛と立つ姿にファンが多いひで子さんがどのように生きてきたのか。過酷な監獄生活を強いられ、精神をむしばまれた巖さんを励ますために毎月面会に通った話は有名です。

袴田事件弁護団、加藤英典氏が語る最高裁での特別抗告審の行方

袴田事件は再審請求を認めるか否か、最高裁判所の審判を仰ぎます。最高裁は、自己判断で再審開始を認めるのか。
高裁へと審理を差し戻すのか。それとも再審決定を棄却するのか。袴田巖さんの身柄はどうなるのか。

福岡事件支援者の古川龍樹氏が語る 福岡事件と袴田事件

「叫びたし、寒満月の割れるほど」という辞世の句で有名な福岡事件。生涯をかけて再審を求めて全国行脚した古川泰龍氏。
長男の龍樹氏が後を継ぎ再審運動に取り組んでいます。二つの冤罪事件、福岡事件と袴田事件について語ります。

 

毎月開催 ・ 入場無料 ・ 申し込みは不要です。直接、会場にお来しください。

 

主催:キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ

連絡先  Email: info@kitchengarden.org     ☎   090-2342-2309

9月29日(土)第13回袴田事件がわかる会です

袴田事件がわかる会第13回を開催します。

日時:9月29日(土)午後1時半~4時

場所:浜松市復興会館  静岡県浜松市中区利町304−2

ゲスト:袴田ひで子さん(巖さんの姉上)

青柳雄介氏(袴田事件を追うジャーナリスト、月刊誌『世界』などで活躍中)

テーマ:

袴田ひで子さんが語る <巖のこと、裁判のこと、自分のこと>

袴田事件といえば、姉ひで子さん!その凛と立つ姿にファンが多いひで子さんですが、どのように生きてきたのか。過酷な監獄生活を強いられ、精神をむしばまれた巖さんを励ますために毎月面会に通った話は有名です。

 ジャーナリストの青柳雄介氏が語る ねつ造証拠の一つひとつ

袴田事件といえば、証拠のねつ造!実は、袴田巖さんが犯人だということを示す証拠は一つもありません。犯行の時に着ていた衣類は、

当初は血の付いていない「血染めのパジャマ」。「犯行着衣」の不思議、決め手となった「自白」、凶器とされた「くり小刀」、

郵便局で発見された「半分燃えた紙幣」など、無実を明かすエピソードの数々を解説。

『袴田事件入門9』

東京高裁の決定は何が問題なのか?どういう意味を持つのか?

前回の『袴田事件入門8』に続いて、再審請求審の現状と課題を説明。

袴田巖さんの日常、この一月

毎日のように巖さんを見守る支援者がこの一月の巖さんの生活を写真を使ってご報告。

48年間の死刑囚独房生活を耐えてきた巖さん、私たちのもとへ帰って来てから4年が経過しました。

言われている精神へのダメージはどう回復できているのか、平穏な日常生活ができているか、

巖さんへの敬意と密着する洞察力が日常を語ります。

 

入場無料、申し込み不要。どなたの参加も歓迎いたします。

 

主催:キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ

東京高裁の不当決定に抗議します

東京高裁の裁判官、あなた方は重大なミスを犯しました

キッチンガーデン袴田さん支援クラブ

みなさん、ご承知の通り東京高裁は、4年前の再審決定を取り消しました。私たちは不当な決定に強く抗議するものです。高裁決定の致命的な問題点は、端的に言って「見る方向が逆」(葛野尋之一橋大学教授)という点にあります。再審請求審では、「確定されている有罪判決に合理的な疑いがあるかどうかを判断すべきなのに、再審請求で出された新証拠の個々の信用性を検討しており、問題がある」(同教授)。その信用性の判断も、まるで検察の主張と見紛うような偏見と言う外なく、「疑わしきは罰せず」という理念も、裁判官の良心も正義感も感じられないのです。

東京新聞の社説は、こう喝破しています。「疑わしきは被告人の利益に」という言葉は刑事裁判の原則で、再審でも例外ではない。ところが日本の検察はまるでメンツを懸けた勝負のように、再審開始の地裁決定にも「抗告」で対抗する。間違えていないか。再審は請求人の利益のためにある制度で、検察組織の防御のためではない、と。裁判所も、再審制度の目的を平気で踏みにじっていることを恥じるべきです。「疑わしきは確定判決(再審の対象となっている判決)の利益に」という悪習慣を断ち切り、再審は「無辜の救済」、つまり裁判官の誤判決から無実の人間を救い出すことを鋼鉄の原則としなければいけません。いつまでたっても日本の司法に世界から浴びせられる非難と嘲笑は、大きくこそなれ止むことは決してないでしょう。

ここで、問題はこうです。4年前の静岡地裁での裁判のやり直しを開始するという決定が正しいのか、それとも、その決定を真っ向から否定する高裁決定(裁判はやり直す必要がないという決定)が正当なのか?これは、弁護団が最高裁へ特別上告(高裁決定に不服を申し立て、最高裁の判断を仰ぐ)するので、最高裁が決定を出すことになります。

ところで、静岡地裁の決定の再審開始を取り消したのですが、それと同時に出された死刑の執行停止と拘置の停止決定は否定されずに残されています。袴田さんは釈放されたままで良いというのです。これまでの判例や理屈からすると、再審開始をひっくり返すなら同時に死刑の執行停止、拘置の停止も取り消されるはずです。しかし、それが出来なかった。4年前からの無罪扱い(釈放されたまま)は継続され、仮のものではあれ袴田さんには自由が続きます。袴田さんの無罪を知っている国民の声に押されて、そうせざるをえなかったのです。また、裁判所も本音では無罪と考えているのではないでしょうか。

私たちは、罪なき浜松市民がぬれ衣を着せられたまま48年間も独房に閉じ込められたままであったことに悲憤の涙を流してきました。今回の不当な決定には激怒、また激怒させられているのです。涙はもう出ません。不当な決定に抗議します。

私たちはこの国の主権者として、高々と抗議の声を挙げましょう。

6月の集会予定

6月の集会予定

6月11日 東京高裁での再審開始即時抗告審の決定が出されます。

決定の結果と今後の再審の展望について、弁護団、支援者から報告・アピールがあります。

6月16日(土)即時抗告審報告全国集会 午後1時半より

静岡労政会館 6階ホール

主催:袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会

 

6月23日(土)第10回袴田事件がわかる会 午後1時半より

浜松復興記念館

ゲスト:袴田事件弁護団 間光洋弁護士 、 姉 ひで子さん

主催:キッチンガーデン袴田巖さん支援クラブ

 

6月24日(日)浜松報告集会  午後2時より

浜北区 中瀬協働センター

弁護団報告 小川秀世 弁護団事務局長

主催:浜松 袴田巖さんを救う市民の会

Older posts