お知らせ | 袴田さん支援クラブ | Page 2

袴田さん支援クラブ

袴田巖さんに再審無罪を!

お知らせ (page 2 of 3)

2/18(日) 第6回袴田事件がわかる会

第6回袴田事件がわかる会

2月 18日(日)  午後1時30分 ~ 4時

入場無料  ザザシティ5階 こども館 ギャラリー2  ( 中区鍛冶町100-1 )

ゲスト  袴田事件弁護団 弁護士  西澤 美和子氏    姉  袴田 ひで子さん

テーマ  裁判(即時抗告審)の最終段階 / 今月の袴田巖さん / 人は、無実なのに何故に自白してしまうのか

 

毎回大好評! 参加者のみなさんから感想が寄せられています。

「とても分かりやすく、巖さんの様子が聞け、写真でみられ、よかった」「人権が認められる世の中にしていきたいものです」

「ひで子さんの体力、気力がすごい。健康で長生きしてほしい」「ねつ造された証拠による冤罪は、真犯人を逃がしたことになる」

「再審が開始されて、そして無罪判決が早く出ることを願っています」「少しでも力になりたいと今日は本気で思いました」

毎月開催。裁判の行方、巖さんの近況など、新聞やテレビからでは分からない真実を、分かりやすく説明します。

お申込みは、キッチンガーデンまでお電話で、又はEmailでどうぞ  ☎:053-542-3930

主催 : キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ       Email : info@kitchengarden.org

協力:浜松 袴田巖さんを救う市民の会

 

 

 

 

 

1/21(日) 第5回袴田事件がわかる会 入場無料

第4回参加者の声を紹介します。

「今日も何とか来られてよかったです。

わかる会第1回の時、質問タイムで「死刑制度についてどう思うか」と聞いた男性がいらして、その時の私は、?????だったのが、今では新聞を読んでも数日前の死刑執行の記事にに「ああ、これがかつて48年間袴田さんの身の上にも起こりうることだったのか?!」と思うと、とても心が痛んだ、張り裂けそうだった。講師の話にも、「そうそう」とすごくうなづける。

袴田事件と出会って、「わかる会」に参加し、周りの様々なことを今まで随分ぼやーっと見ていたのだなあ、とわかる。分かってきたことが、また嬉しいです。」

「担当警察官、担当検察官によってねつ造された証拠によるえん罪は、真犯人を逃がしたことになる。」

「再審が開始されて得、無罪判決が早く出ることを願っています。」

「参加する度に、世の中にこのような不条理なことがあっても良いものかという思いを強くしています。」

 

裁判の行方、巖さんの近況など、分かりやすく説明します。

第5回袴田事件がわかる会      毎月開催・入場無料

日時: 1月21日 午後1時半~4時

場所: ザザシティ5階 こども館ここ・いーら  ギャラリー2

( 中区鍛冶町100-1 ☎053-450-9110 )

ゲスト 袴田事件弁護団  村崎 修 弁護士

 

お申込みは、キッチンガーデンまでお電話で、又はEmailでどうぞ

☎:053-542-3930   Email : info@kitchengarden.org

主催 : キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ

協力:浜松 袴田巖さんを救う市民の会

12/23(土)第4回袴田事件がわかる会

毎月開催している袴田事件がわかる会。
裁判の行方、巖さんの近況など、新聞やテレビからでは分からない真実を、分かりやすく説明します。

第4回  12月 23日(土)  午後1時30分 ~ 4時
入場無料    浜松復興記念館   ( 中区利町304-2 ☎053-455-0815 )
ゲスト 袴田事件弁護団  間 光洋 弁護士  姉 袴田 ひで子さん

第5回  1月 21日(日)  午後1時30分 ~ 4時
入場無料  ザザシティ5階 こども館 ギャラリー2  ( 中区鍛冶町100-1 ☎053-450-9110 )
ゲスト 袴田事件弁護団  村崎 修 弁護士

主催:キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ
協力:浜松 袴田巖さんを救う市民の会

12/7 福岡事件支援バザー (福岡事件から 考える死刑廃止)

日時:12月7日(木) 13時~17時

場所:浜松市市民協働センター

2階第1会議室

内容:講演(13:30~14:30)

「福岡事件から考える死刑廃止」

講師:古川 龍樹(福岡事件支援者)

展示及び福岡事件紹介映像(15:00~17:00)

西武雄さんの書画など

主催:生命山シュバイツァー寺

協力:浜松 袴田巌さんを救う市民の会

 

 

福岡事件と袴田事件 

生命山シュバイツアー寺代表古川龍樹

2014年3月に静岡地裁が再審開始を決定したことで釈放された元死刑囚の袴田巌さんの姉の秀子さんに会う機会を得た。「いつ死刑が執行されるか分からない状況が無くなっただけでもほっとしている」という秀子さんだったが、地検による即時抗告がなされ、まだ再審は確定した訳ではない。

「もし再び収監されることになれば代わりに私が入る」と秀子さん。48年間という歳月の長さと、無実の罪であることを明らかにする雪冤というものがどれほど困難なものなのかを伝える、実際に乗り越えてきた人にしか言えない、実に凄みのある言葉だった。

その時、一緒に話を聞いていた人が、「あなたのお父さんもきっと同じことを言ったでしょう」と、私に語りかけてくれた。

「福岡事件」

今から53年前の1961年春、福岡刑務所の教誨師だった父、古川泰龍は「無実で死刑になるかも知れない人がいるが、どうしようか」と母、美智子に尋ねた。「あなたが助けるべきです」と母が答え、「福岡事件」再審請求運動の長い長い闘いが始まった。

「福岡事件」とは、47年5月20日、終戦直後占領下の福岡市の博多駅近くの路上で、軍服の闇取引の最中に中国人と日本人の2人の商人が射殺された事件。警察は「強盗殺人事件」と断定して捜査を開始、現金を持ち去ったとして西武雄さんを主犯、2人を撃った石井健治郎さんを実行犯、他5人を共犯として逮捕した。そして拷問による取り調べで自白を強要し、裁判では2人に死刑判決が下され、75年に西さんの刑は執行された。

西さんは取引の手付金として預かった8万円を所持していたが、実行犯とされた石井さんとは2時間前に会ったばかりの初対面で、殺人現場にもいなかった。中国人ら2人を射殺した石井さんは自分が撃たれると思い相手を撃ってしまった過剰防衛であり、決して強盗殺人ではなかったのだが……。

11月25日(土) 第3回袴田事件がわかる会

浜松の街を歩く袴田巖さんに、多くの市民から温かな応援の言葉がかけられています。

「袴田さんをよく見かけるけど、今どうなってるの?」

また、「袴田事件の裁判って、まだ終わってないの」「無罪になったんじゃないの」とご心配の声も。

みなさんの声に [ 袴田事件がわかる会 ] がお応えします。

毎月開催。入場無料

裁判の行方、巖さんの近況など、新聞やテレビからでは分からないことを分かりやすく説明します。

第3回  11月 25日(土)  午後1時30分 ~ 4時

場所:浜松復興記念館   ( 中区利町304-2 ☎053-455-0815 )

ゲスト 袴田事件弁護団  角替 清美 弁護士  姉 袴田 ひで子さん

お申込みは、浜松復興記念館までお電話で、又はEmailでどうぞ  ☎:053-455-0815

主催 : キッチンガーデン 袴田さん支援クラブ Email : info@kitchengarden.org
協力 : 浜松 袴田巖さんを救う市民の会

10月29日 第2回袴田事件がわかる会のお知らせ

第2回袴田事件がわかる会のお知らせ

先日の第1回袴田事件がわかる会では、お集まりの多くの方々からご好評をいただきました。弁護団を支えて現在もご活躍の元弁護士の田中薫先生は、袴田さんの裁判に日弁連が支援を開始した当初から長きに渡り弁護活動に尽力されてきた方です。先生のお話しと姉のひで子さんの挨拶を、みなさんが真剣に聞いてくださり、とても良い雰囲気で終始しました。

第2回目の会は、日弁連袴田事件弁護団事務局長の小川秀世弁護士をお迎えして開催いたします。新聞やテレビなどの報道では見聞きすることのない重要なエピソード、事実を聞くことができる貴重な機会です。今、東京高裁で行われている再審請求審は、9月のDNA鑑定をめぐっての鑑定人尋問を終えて、最終局面に入っています。年内に検察側、弁護側の最終意見陳述、来春に高裁の決定が出ると予測されている段階です。

そのDNA鑑定人の尋問では、どのような質疑応答があり、そして何が明らかにされたのでしょうか。そもそも犯罪の証拠としてのDNA鑑定とはどういうことなのか。尋問の結果、裁判官の心証に変化はあったのでしょうか。裁判の結論を決する重要なドラマがあったと思われます。その点を中心に裁判の今とこれからを、小川弁護士に語っていただきます。さらに質疑応答でより広くより深く理解が進められれば幸いです。

また、袴田さんの警察での取り調べに重大な人権蹂躙や、証拠のねつ造、偽造があったことが、3年半前の静岡地裁再審開始決定で指摘されていますが、その驚くべき内容についてもお話しいたします。

実施要項

第2回袴田事件がわかる会

10月29日(日) 午後1時30分~4時   浜松復興記念館 (浜松市中区利町304-2)

テーマ  裁判(再審請求審)の行方、巖さんの近況。新聞、テレビでは語られない真実。

ゲスト  袴田事件弁護団事務局長 弁護士 小川秀世氏    姉 袴田ひで子さん

入場 無料

主催 : キッチンガーデン袴田さん支援クラブ     協力 : 浜松・袴田巖さんを救う市民の会
http://kitchengarden.org   http://free-iwao.com

お申込みは、浜松復興記念館まで電話でどうぞ    ☎ 053-455-0815 (受付時間 10時~17時)

袴田巖さんの再審無罪を求める10・22浜松集会 =袴田巖さんに再審無罪を全国行動=

◎会場:浜松市民協働センター

◎日時:10月22日(日) 14時~

◎ 「すねの傷は逮捕後の傷」 ビデオ上映

小澤弁護士

◎ 弁護団報告:小澤 優一 弁護士
小澤弁護士は、巖さんが元気で裁判を闘っていたころを知る数少ない弁護士ですので、「はけないズボン」の話など、当時の裁判のことなどお聞きしたいと思います。

宮本教授

◎ 講演 「袴田再審の壁~検察官司法の古層」
関東学院大学法学部教授 宮本 弘典
宮本弘典関東学院大教授は戦後初の冤罪事件「福岡事件」の支援を行なう等、検察の戦前からの体質を厳しく批判しています.

◎ 特別報告 天竜林業高校調書改ざん事件
再審請求人 北川 好伸
北川さんは、校長先生退職後、在職中の生徒の大学進学のため調書の改ざんを指示し、その生徒の祖父(元天竜市長)から賄賂をもらったという冤罪事件です。現在、袴田さんと同じ東京高裁で再審請求中です。

◎ あいさつ 袴田 巖(予定)、袴田 ひで子

主催:浜松 袴田巖さんを救う市民の会

袴田事件即時抗告審 9/26,27 DNA鑑定人尋問 

2014年3月27日、静岡地裁で再審開始決定が出されましたが、検察官が東京高裁へ即時抗告(不服申し立て)し、審理が3年以上続いています。東京高裁(大島隆明裁判長)は、DNA鑑定をめぐって鑑定人の本田克也氏(筑波大学教授)と鈴木康一氏(大阪医科大学教授)の尋問を9月26日、27日の両日にわたって行います。高裁での即時抗告審は、この証人尋問で事実調べを終了し、年内に検察官と弁護人の最終弁論、来春に決定をだすことが予想されており、最後の重要局面を迎えています。

袴田事件弁護団は、27日夕刻、記者会見を予定しています。

支援団体(袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会)は、街頭宣伝と東京高検、高裁への要請行動を行います。日程は、以下のとうり。
9月26日 
12:00 東京高裁前宣伝活動
12:45 東京高裁前、弁護団、姉ひで子さん激励
14:00 有楽町マリオン前、リレートーク、宣伝活動
    参加予定 元WBAミドル級チャンピオンボクサー 竹原慎二さん
         将棋プロ棋士 神谷広志さん
         絶叫歌人 福島泰樹さん
         布川事件冤罪被害者 桜井昌司さん ほか
9月27日
8:30   東京高裁前宣伝活動   
9:45   東京高裁前、弁護団、姉ひで子さん激励
10:00  東京高裁への要請、署名提出
11:00  東京高検への要請
13:30  即時抗告の争点と経過報告会
     会場:中央区立築地社会教育会館第1洋室

「袴田巖さんを救う市民の会会報」2017年9月6日号が発行されました。

市民の会会報「袴田巖さんを救う市民の会会報」2017年9月6日号が発行されました。

●東京高裁、9月26日、27日に証人尋問
●死刑囚のままの袴田巖さんの再審無罪を市民の皆さんと共に
●清水こがね味噌事件(袴田事件)発生から51年
●10/22袴田巌さんの再審無罪を求める浜松集会のお知らせ

» 会報のダウンロードはこちら(PDF:656KB)

意見広告賛同金のお礼

2017年9月1日

この度は、無実の死刑囚袴田巖さんの支援アピールとしての新聞意見広告にご理解と激励をいただきありがとうございました。
また、多くの方より賛同金を賜り、御礼申し上げます。住所の記載があった方には領収証をお送りいたしました。が、氏名のみの方にはこの場にて感謝の意を申しあげます。ありがとうございました。

さて、東京高裁の審理はすでに3年5か月が経過し、本年6月になって、1年半余りの時間をいたずらに費やしただけのDNA鑑定検証実験の結果が漸く提出されました。そもそも検察の主張する検証実験に対して弁護団は必要性を認めず、巖さんや請求人の秀子さんが高齢でもあることから、反論があるなら再審公判ですべきであると主張して来ました。にもかかわらず、結局裁判所は検察推薦の鑑定人による検証実験の実施を強行しました。
そして、先月行われた三者協議において、来る9月26日及び27日の両日にわたり、鑑定人尋問が行なわれることとなりました。さらに裁判所は、この鑑定人尋問を経て、年内の最終意見書の提出、年度内の結論を想定しています。しかし、この間の裁判所の検察寄りの訴訟指揮では、無意味な検証実験に強引に「科学性」をまとわせ、不正義かつ非人道的な結論を導き出す一抹の不安があります。
このような審理状況を踏まえ、袴田巖さんの再審無罪を求める取り組みを強め、「再収監」を何としても阻むため頑張る所存ですので引き続きのご理解、ご協力をお願いします。

浜松 袴田巖さんを救う市民の会

共同代表 寺澤 暢紘
〒430-0807 浜松市中区佐藤1-43-1-608
Tel:090-9261-4840
Older posts Newer posts