HOMEお知らせ部分 | 浜松 袴田巖さんを救う市民の会

浜松 袴田巖さんを救う市民の会

袴田巖さんに再審無罪を!

HOMEお知らせ部分

不当決定抗議6・24浜松集会アピール

不当決定抗議6・24浜松集会アピール    

東京高裁大島裁判長は再審開始を決めた静岡地裁の決定をくつがえし、無実の袴田巌さんを再び死刑台に送ろうとするとんでもない暴挙を行いました。東京高裁の決定は袴田事件の全体像を見ることなく、DNAの鑑定手法の是非を問う科学論争に矮小化し、「誰もやってない手法で信用できない」と決めつけ、一方的に検察の主張だけを認める偏ったものです。この決定は、単に静岡地裁の決定に疑義をはさんだというだけでなく、この決定の結果、無実の人が殺されるという意味で、いくら言葉を重ねても許せない、歴史に残る前代未聞の無茶苦茶で犯罪的で人でなしの判決だといえます。

高裁の決定では筑波大学本田教授の鑑定手法だけをことさら問題にして、4年もかけて検証を行いながら、40年以上も前の古い試料から何とか真相を究明しようとした本田教授の法医学者としての努力には目をつむり、検察が指定した鈴木鑑定の杜撰さを問うこともなく、「やり方に疑問がある」というだけで本田鑑定そのものを否定しました。

高裁に審理が移った4年間に新たに袴田さんの無実を確信するいくつかの新証拠も明らかになりました。真夏の炎天下の密室で行われた、連日12時間を超える執拗な追及やトイレに行かせない苦痛は「自白の任意性、信用性に疑問」であっても、裁判官の色眼鏡には、違法な、精神的、肉体的な拷問とは映らないようです。何度も装着実験をして「はけなかった」ズボンのサイズの嘘を認めながら、公判での警察官の偽証は不問にして「はけたはずだ」と積極的に検察を弁護しています。なかでも、「捜査機関が5点の衣類を捏造する動機がない」「自白と矛盾する捏造を警察がするとは考え難い」という論理は50年前ならいざ知らず、検察官による証拠の捏造(厚労省村木事件)や森友、加計問題での官僚トップによる証拠の隠蔽や捏造を見せられて、今では国民の多くはあり得ることだと思っています。

高裁決定の誤った結論からの論理展開は検察の主張だけに肩入れし、真実を見極める目を曇らせています。ズボンは穿けたとする裁判所の想像は、単なる可能性を述べているにすぎず、実際に穿けなかった事実に対し説得力はありません。なぜ、警察は公判で偽証してまで、ズボンの色BをサイズのBだと嘘をつかなければならなかったでしょうか?

もし、5点の衣類が出てこなくても、袴田さんに死刑判決が出たでしょうか?自白の信用性の不安を自覚していた警察にとって、5点の衣類が決定的証拠になったのは間違いありません。

私たちの会が主張してきた「専務に蹴られたすねの傷」の真実も結局、証拠の記録を出させることなくうやむやにされ、大島裁判長に宛てた手紙も無視されました。逮捕時に傷があったという証拠も出さずに「なかったとは言えない」と言われても、誰が信じることができるでしょうか?

東京高裁大島決定は疑問だらけの『袴田事件』の真実に向き合うことなく、『疑わしきは被告人の利益に』という刑事裁判の大原則から逸脱した不当決定です。無実の袴田さんを死刑にする残酷な決定を出しながら、人道的な配慮をしたかのように言うのは欺瞞です。本当の人道的な配慮とは48年間も殺人犯として不当に拘留された袴田さんをこれ以上苦しめることのないように、1日も早く再審を開始することではないでしょうか。数々の新証拠を過小評価し、熊本元裁判官の告白の重みも理解できず、半世紀も弟の無実を信じて奔走した家族の願いも踏みにじり、時計の針を40年も巻き戻した不当決定を私たちは永遠に忘れず、絶対に許すことはできません。

私たちは不当決定にめげず、最高裁に向けて再審無罪への道のりを歩み始めました。死刑制度を維持するこの国で、信頼性の乏しい証拠で無実の人が死刑になることは絶対に止めなければなりません。無実の死刑囚・袴田巌さんが晴れて自由の身になる日まで私たちは共に歩んでいきます。

2018年6月24日

袴田巌さんは無実だ!「不当決定」抗議6・24浜松集会

東京高裁は6月11日に決定を出すことを公表、再審開始決定が決まるか!

袴田事件の再審是非、6月11日に判断 東京高裁

1966年に静岡県で一家4人が殺害された事件で死刑が確定し、静岡地裁が再審開始を決定して釈放された袴田巌さん(82)=浜松市=について、東京高裁(大島隆明裁判長)は再審開始の是非の決定を6月11日に出すことを決め、関係者に通知した。地裁の再審開始決定を不服として、検察側が高裁に即時抗告している。

袴田さんは裁判で無罪を主張して最高裁まで争ったが、80年に死刑が確定。静岡地裁は2014年3月、「犯行時の着衣」とされたシャツから袴田さんとは別人のDNA型を検出した本田克也・筑波大教授の鑑定などを根拠に再審開始を決定。「捜査機関による証拠捏造(ねつぞう)」の可能性も指摘し、袴田さんは即日で釈放された。検察側は本田教授の鑑定について「独自の手法で信用できない」などと主張。高裁では約4年にわたって審理が続き、本田教授の鑑定手法が最大の争点となってきた。

袴田さんは現在、浜松市内で姉の秀子さん(85)と暮らす。周辺を歩くことが日課だが、半世紀近くにわたった拘禁生活の影響は大きく、意味が通じない発言が多い。自分のことを「神」や「天皇」と語ることもある。秀子さんによると、最近は笑顔が増えているが、「精神的にはまだまだ治っていない。半分くらいはまだ自分の世界の中」という。

 

朝日新聞デジタル 2018年5月7日17時00分

ホームお知らせ部分

新着情報とお知らせ