HOMEお知らせ部分 | 袴田さん支援クラブ

袴田さん支援クラブ

袴田巖さんに再審無罪を!

HOMEお知らせ部分

3/21 第31回袴田事件がわかる会

第31回袴田事件がわかる会

 日時 : 3月21日(土) 1:30~4:00

会場 : 浜松復興記念館  (浜松市中区利町304-2)

ゲスト 袴田ひで子さん   (袴田巌さんの姉)

「勝つまで闘う。絶対勝てる。だって、巌は無実なんですから。私は、巌が獄中でできなかったこと、好物を食べさせ、行きたいところに行かせ、好きなように自由にさせる。巌との毎日を大切に、明るく生きていく、それだけですよ。」釈放されて6年になる巌さんの近況やひで子さんの心境を語ってくれます。

ゲスト 鈴木昂さん  (袴田巌さんを救援する静岡県民の会代表)

静岡県は「えん罪のデパート」と言われています。1948年の幸浦事件、1950年の小島事件、1954年の島田事件、1955年の二股事件、丸正事件、1966年の袴田事件等。警察・検察の「自白の強要」と証拠のねつ造などによるえん罪事件が相次いでいるのです。

二股事件との出会いから島田事件での闘いを中心に話します。「拷問王」とまで言われた紅林麻雄警部のこと、同僚で捜査の違法を告発した刑事の南部清松さんのこと、二股事件で誤捜査を白日の下にさらした二股署の刑事、山崎兵八さんとご家族のこと。えん罪事件に織り込まれた、知られざる人間のドラマの数々が次々と顔を見せるのです。 実に興味深い実話の数々を、歴史の証人がじっくりと語ります。

主催 : 袴田さん支援クラブ 

 

ご近所さんの一大事! 袴田事件 

袴田巌さんは浜松市民です。雄踏町に生まれ育ち、戦時中に赤佐村に疎開して暮らしてきました。国体のボクシングでは静岡県を代表して善戦したのです。そんな袴田さんが、史上まれにみるえん罪事件の被害者になったのが、袴田事件。事件発生から50年が経過するも、一方で真犯人は逃げ延び、他方では袴田さんを苦しめ続けています。袴田事件はご近所で起きた一大事。見逃せない一大事です。

 袴田事件は、「人質司法」に加えて証拠のねつ造にまで捜査当局が手を染めた非道なでっち上げ事件です。そのことを2014年の再審(裁判のやり直し)請求審で静岡地裁が認め、再審開始と死刑の執行停止及び拘置の停止決定を出し、袴田巖さんは即日釈放されました。地裁決定には、耐え難いほど正義に反する」と裁判官の怒りが込められていました。袴田さんは、48年間の独房生活から生還したのです。ようやく春が来たかと、日本中が拍手、世界からも日本の裁判所に人権と良心、正義が期待できると評価されたものでした。

ところが、検察官が東京高裁に異議申し立て。高裁は昨年、何と検察官の主張をなぞるような論法で再審開始決定を棄却したのです。しかし、袴田さんを無罪扱いする処置(釈放したまま)は維持され、袴田さんは引き続き浜松で暮らしています。DNA鑑定の結果、犯行衣類とされた「5点の衣類」に付着していた血痕は、被害者のものでもないし、袴田さんのものでもないことが証明されました。また、警察検察が長いこと隠してきた膨大な証拠が第2次再審請求審が始まってから開示され、DNA鑑定以外の証拠でも袴田さんの無実は明白です。

今、裁判のやり直しを始めるかどうか、裁判所の判断が真二つに分かれ、現在、最高裁に持ち込まれて審理中です。

 結果は予断を許しません。が、巌さんを死刑囚にして半世紀もの監禁はやり過ぎ、これ以上苦しめるのは酷すぎではないか。内心ではそう反省している法曹関係者は少なくないと思われます。そもそも袴田さんと事件を結びつける証拠は誰の目にも怪しいものばかり。加えて検察は、袴田さんに有利になる証拠をまだ隠し持っているようです。

元々無実なのですから時間の問題で再審無罪となる日が必ず来ます。未来のそのとき、今審理を管轄している最高裁第3小法廷の5人の裁判官が歴史によって裁かれるのです。今回の最高裁決定に対して、司法の良心として栄誉を称えられるのか、それとも歴史の汚点となって辱めを受けるのか、そのいずれかに審判が下ることになる。それだけの重みを自覚していただきたい。

私たちは再審開始決定は言うまでもなく、再審公判での無罪を勝ち取らなければなりません。心ある市民の皆さんが声を上げなければ、裁判所は無理を通そうとします。袴田さんの半世紀を超える闘いに正義の神様は微笑んでくれません。まずは知ってください。考えてください。何をしたら良いのか?という方、袴田事件がわかる会へどうぞ。

袴田巖さんに公正な裁判を! 再審(裁判のやり直し)開始を!

袴田さん支援クラブ

 HP : http://free-iwao.com        Email : info@free-iwao.com

1/18(土) 第29回袴田事件がわかる会

 第29回袴田事件がわかる会

袴田事件がわかる会は
袴田事件ってなに?
どうなってるの?
よくわかんない……
そんなみなさんのための会です
ぜひ、お気軽にお出かけください。

入場無料・予約不要

日時 : 1月18日(土) 午後1時30分 ~4 時
会場 : 浜松市復興記念館(浜松市中区利町304-2・五社神社むかい)

ゲスト : 袴田秀子さん(袴田巌さんの実姉)
【欧米からの取材に感じる世界の眼差し】
袴田巌さんの姉で保佐人。獄中で精神に変調をきたした巌さんを見守り続けた。「巌は無実、だから訴訟はかならず勝つ」という信念のもと、巌さんとともに暮らし、全国各地で行われる
えん罪被害者のための集会や死刑廃止のための集いに積極的に参加。86 歳の年齢を感じさせないバイタリティで活動中。
ゲスト 瑞慶覧 敦さん(再審・えん罪事件全国連絡会 事務局長)
【えん罪事件の現状と再審法改正の取り組み】
日本には数多くのえん罪事件があります。仙台北稜クリニック事件(被害者・守大助さん)、大崎事件(被害者・原口アヤ子さん)、日野町事件(被害者・故阪原弘さん)、湖東記念病院人工呼吸器事件(被害者・西山美香さん)、豊川幼児殺人事件(被害者・田辺雅樹さん)、名張毒ぶどう酒事件(被害者・奥西勝さん)、今市事件(被害者・勝又拓哉さん)など。それらのえん罪被害者の救援に立ち上がり、全国規模で支援活動に取り組んでいるのが、国民救援会、再審・えん罪事件全国連絡会です。

 

主催 : 袴田さん支援クラブ

ホームお知らせ部分

3/21 第31回袴田事件がわかる会

第31回袴田事件がわかる会

 日時 : 3月21日(土) 1:30~4:00

会場 : 浜松復興記念館  (浜松市中区利町304-2)

ゲスト 袴田ひで子さん   (袴田巌さんの姉)

「勝つまで闘う。絶対勝てる。だって、巌は無実なんですから。私は、巌が獄中でできなかったこと、好物を食べさせ、行きたいところに行かせ、好きなように自由にさせる。巌との毎日を大切に、明るく生きていく、それだけですよ。」釈放されて6年になる巌さんの近況やひで子さんの心境を語ってくれます。

ゲスト 鈴木昂さん  (袴田巌さんを救援する静岡県民の会代表)

静岡県は「えん罪のデパート」と言われています。1948年の幸浦事件、1950年の小島事件、1954年の島田事件、1955年の二股事件、丸正事件、1966年の袴田事件等。警察・検察の「自白の強要」と証拠のねつ造などによるえん罪事件が相次いでいるのです。

二股事件との出会いから島田事件での闘いを中心に話します。「拷問王」とまで言われた紅林麻雄警部のこと、同僚で捜査の違法を告発した刑事の南部清松さんのこと、二股事件で誤捜査を白日の下にさらした二股署の刑事、山崎兵八さんとご家族のこと。えん罪事件に織り込まれた、知られざる人間のドラマの数々が次々と顔を見せるのです。 実に興味深い実話の数々を、歴史の証人がじっくりと語ります。

主催 : 袴田さん支援クラブ 

 

ご近所さんの一大事! 袴田事件 

袴田巌さんは浜松市民です。雄踏町に生まれ育ち、戦時中に赤佐村に疎開して暮らしてきました。国体のボクシングでは静岡県を代表して善戦したのです。そんな袴田さんが、史上まれにみるえん罪事件の被害者になったのが、袴田事件。事件発生から50年が経過するも、一方で真犯人は逃げ延び、他方では袴田さんを苦しめ続けています。袴田事件はご近所で起きた一大事。見逃せない一大事です。

 袴田事件は、「人質司法」に加えて証拠のねつ造にまで捜査当局が手を染めた非道なでっち上げ事件です。そのことを2014年の再審(裁判のやり直し)請求審で静岡地裁が認め、再審開始と死刑の執行停止及び拘置の停止決定を出し、袴田巖さんは即日釈放されました。地裁決定には、耐え難いほど正義に反する」と裁判官の怒りが込められていました。袴田さんは、48年間の独房生活から生還したのです。ようやく春が来たかと、日本中が拍手、世界からも日本の裁判所に人権と良心、正義が期待できると評価されたものでした。

ところが、検察官が東京高裁に異議申し立て。高裁は昨年、何と検察官の主張をなぞるような論法で再審開始決定を棄却したのです。しかし、袴田さんを無罪扱いする処置(釈放したまま)は維持され、袴田さんは引き続き浜松で暮らしています。DNA鑑定の結果、犯行衣類とされた「5点の衣類」に付着していた血痕は、被害者のものでもないし、袴田さんのものでもないことが証明されました。また、警察検察が長いこと隠してきた膨大な証拠が第2次再審請求審が始まってから開示され、DNA鑑定以外の証拠でも袴田さんの無実は明白です。

今、裁判のやり直しを始めるかどうか、裁判所の判断が真二つに分かれ、現在、最高裁に持ち込まれて審理中です。

 結果は予断を許しません。が、巌さんを死刑囚にして半世紀もの監禁はやり過ぎ、これ以上苦しめるのは酷すぎではないか。内心ではそう反省している法曹関係者は少なくないと思われます。そもそも袴田さんと事件を結びつける証拠は誰の目にも怪しいものばかり。加えて検察は、袴田さんに有利になる証拠をまだ隠し持っているようです。

元々無実なのですから時間の問題で再審無罪となる日が必ず来ます。未来のそのとき、今審理を管轄している最高裁第3小法廷の5人の裁判官が歴史によって裁かれるのです。今回の最高裁決定に対して、司法の良心として栄誉を称えられるのか、それとも歴史の汚点となって辱めを受けるのか、そのいずれかに審判が下ることになる。それだけの重みを自覚していただきたい。

私たちは再審開始決定は言うまでもなく、再審公判での無罪を勝ち取らなければなりません。心ある市民の皆さんが声を上げなければ、裁判所は無理を通そうとします。袴田さんの半世紀を超える闘いに正義の神様は微笑んでくれません。まずは知ってください。考えてください。何をしたら良いのか?という方、袴田事件がわかる会へどうぞ。

袴田巖さんに公正な裁判を! 再審(裁判のやり直し)開始を!

袴田さん支援クラブ

 HP : http://free-iwao.com        Email : info@free-iwao.com

2020年2月16日掲載 *大切なお知らせ

新着情報とお知らせ